プロジェクト研究・研究集会支援
                成果報告
直野 章子先生
東 英寿先生
吉岡 斉先生
特色ある研究プロジェクト 成果報告
阿部 芳久先生
石田 清隆先生
太田 好信先生
嶋田 洋一郎先生
清水 靖久先生
杉山 あかし先生
直野 章子先生
 2010年度 研究支援 成果報告
 2011年度 研究支援 成果報告

比較社会文化学府・華東師範大学合同シンポジウム
 『日本と中国<個人・社会・文化>』の開催
東 英寿
 2010年11月20日に比較社会文化学府と中国の華東師範大学との合同シンポジウム『日本と中国<個人・社会・文化>』を開催した。

 本シンポジウムでは、華東師範大学から潘世聖、徐敏民、高寧、唐権、陸留弟の5名、比文側から教員4名、院生3名、修了生1名を含めて合計13名が、1人30分の持ち時間で研究発表を行った。
 発表内容をもとに「近代文学」、「満州地域の日本語教育」、「翻訳と実践」、「遊女と茶の文化」の4つの部会に分かれて、報告と質疑応答を行った。各部会での発表者と題目及び司会者は右記の通りである。

 また、本シンポジウムは、大学の社会への貢献を目的に、当日、開催されていた第63回九大祭の関連企画として一般にも公開した。積極的に広報活動を行ったこともあり、当日の参加者数は45名、懇親会参加者も30名と当初の予想以上の人数になった。
 本シンポジウムで報告した大学院生から、その成果を既に雑誌に発表したという連絡も届いており、大学院生もシンポジウムから大きな刺激を得ることができたと思われる。
画像をクリックすると拡大版が表示されます。