●メニュー
ホーム
メンバー
研究目的
研究計画
研究成果
●リンク
比較社会文化研究院
基層構造講座
地球変動講座
九州大学P&P
 ●研究成果
九州考古学会・日本地質学会西日本支部合同大会「考古学と地球科学—融合研究の最前線」
 平成23年7月9日に九州大学西新プラザににおいて九州考古学会・日本地質学会西日本支部合同大会「考古学と地球科学ー融合研究の最前線」が開催された。本プロジェクトからは下記の7件の研究発表があった。

口頭発表
小山内康人・田中良之:地球化学的精密分析手法の考古学への応用
田中良之・小山内康人・中野伸彦・李ハヤン:ストロンチウム分析と先史社会研究
足立達朗・田尻義了・小山内康人・中野伸彦・田中良之:北部九州に産する青銅器鋳型石材の岩石学的分析

ポスター発表
石田智子・米村和紘・足立達朗・中野伸彦・小山内康人・田中良之:希土類元素による胎土分析ー玄海灘沿岸地域の弥生中期土器ー
岩永省三・米村和紘・小山内康人・田中良之:弥生時代青銅器研究における今次分析成果の意義
田尻義了・足立達朗・中野伸彦・米村和紘・小山内康人・田中良之:矢部川中流域における弥生時代の青銅器鋳型石材の採石・加工場の同定
中野伸彦・小山内康人・田中良之・宮本知治:レーザー溶出型ICP-MSを用いた考古学資料の精密分析

平成22年度九州考古学会総会
 平成22年11月27・28日に西南学院大学コミュニティーセンター・ホールにおいて九州考古学会総会が開催され,本プロジェクトから下記の成果発表があった。

田尻義了・足立達朗・中野伸彦・小山内康人・田中良之(九州大学):弥生時代における青銅器鋳型石材の原産地推定:ポスター発表

第9回九州考古学会・嶺南考古学会合同考古学大会
 九州考古学会と嶺南考古学科の合同学会が平成22年7月17-18日に九大西新プラザで開催され,本プロジェクトの研究成果として以下の2件の発表があった。

田中良之・小山内康人・中野伸彦・李ハヤン(九州大学):弥生人骨に対するSr同位対比分析(予察)−LA-ICP-MSを用いた非破壊による人口移動分析−:口頭発表

谷澤亜里・米村和紘・小山内康人・田中良之(九州大学):宇木汲田遺跡出土ガラス小玉の材質・夾雑物の分析:ポスター発表