トップ  >  刊行物
 刊行物  
 
 

 
松永典子、施光恒、吉岡斉編『「知の加工学」事始めー受容し、加工し、発信する日本の技法』 編集工房球、2011年3月、刊行されました!!
 

●概要:外来の先進の“知”に、得意とする加工を施し、世界に発信するプロセスを様々な学問領域から検証する。

●目次
序論 「知の加工学」の可能性(施 光恒)
<“知”の受容・加工>
近代日本の「知の加工」と翻訳―「新漢語」を事例として(松永典子)
九州帝大初の女子留学生―趙賢景の軌跡にみる知の移動/加工(波潟 剛)
幕末・明治期における西洋の政治的諸概念の加工―認知意味論的な視点(大河原伸夫)
“知の加工”と“教養”―和辻哲郎とデューイにおけるヘーゲル哲学の加工(鏑木政彦)
日本近代文学における身体の受容と表現―明治期裸体編(松本常彦)
石炭液化とイソオクタン製造にみる日本の技術水準―米独の航空機用揮発油製造技術と戦時の技術移転(三輪宗弘)
<“知”の活用・発信>
日本におけるコミュニティ概念の定着と住民自治―カタカナ語による知の受容・加工・発信可能性(松井康浩)
日本留学者の帰国後の就業状況と留学経験への評価―中国人の大学院修了者を事例として(阿部康久・徐 亜文)
法整備支援と日本の経験(大屋雄裕)
日本の原子力産業の国際戦略―知の加工学への示唆(吉岡 斉)