アーカイブ |
  
投稿者 : admin 投稿日時: 2013-10-02 09:00:54 (1173 ヒット)

2013 年11月1日(金)4限・5限
場所:比文言文棟4階第8セミナー室

●報告タイトル
「ボーダーレス世界への疑念――近代文明世界の成立と「翻訳」の役割――」

●報告者
施 光恒(プロジェクトメンバー・政治思想)

本ゼミでは聴講も歓迎しています。
ふるってご参加ください。


投稿者 : admin 投稿日時: 2013-10-02 08:57:11 (1146 ヒット)

2013 年10月11日(金)4限・5限
場所:比文言文棟4階第8セミナー室

●報告タイトル
「独裁体制は如何に維持されるのか」

●報告者:山尾 大(プロジェクトメンバー・イラク政治)

本ゼミでは聴講も歓迎しています。
ふるってご参加ください。


投稿者 : admin 投稿日時: 2013-10-02 08:47:23 (1203 ヒット)

総合演習「知の加工学」(専攻共通科目)オリエンテーション&第1回授業のご案内

以下の要領でオリエンテーション&第1回授業を実施します。受講希望の方は、必ず出席するようお願いします。

●日時:10月4日(金)14時50分~18時10分(4限・5限)
●場所:比文言文棟4階第8セミナー室

●後期予定と担当者(敬称略)
10月4日:三輪宗弘「航空機用揮発油製造技術と第二次大戦時の技術移転」
*オリエンテーション含む
10月11日:山尾大「独裁体制は如何に維持されるのか」
11月1日:施光恒「ボーダーレス世界への疑念――近代文明世界の成立と「翻訳」の役割――」
11月8日:アンドリュー・ホール「日本植民地下の朝鮮教育政策1905-1919」
11月29日:鏑木政彦「ドイツ的教養の受容の行方:ゲーテ像の日米比較を中心に」
12月6日:波潟剛「京城/ソウルの昭和モダン」
1月10日:院生発表会  


投稿者 : admin 投稿日時: 2013-06-18 10:09:35 (1140 ヒット)

日時:2013年7月26日(金)4限・5限
場所:比文言文棟4階第8セミナー室
内容:院生レポート発表会

  前期最後の授業は院生による「知の加工」をテーマにしたレポート発表会です。
  ふるってご参加ください。
  


投稿者 : admin 投稿日時: 2013-06-18 10:07:18 (1202 ヒット)

日時:2013年7月5日(金)4限・5限
場所:比文言文棟4階第8セミナー室
担当:松井康浩(プロジェクトメンバー・国際関係論)
講義タイトル:「後期ソヴィエト体制下の「人権」運動と「市民社会」―「知の加工学」の観点から」

 前期最後の講義です。
 本ゼミでは聴講も歓迎しています。ふるってご参加ください。


投稿者 : admin 投稿日時: 2013-05-20 22:50:38 (1229 ヒット)

日時:2013年6月14日(金)4限・5限
場所:比文言文棟4F408号室

講義タイトル:「日本近代小説における「身体」の受容と表現(黄禍論編)」
担当:松本常彦(プロジェクトメンバー・日本近代文学)

聴講も歓迎しています。ふるってご参加ください。


投稿者 : admin 投稿日時: 2013-05-20 22:48:44 (1910 ヒット)

日時:2013年6月7日(金)4限・5限
場所:比文言文棟4F408号室

講義タイトル:「日中の企業戦略にみる知の加工-自動車とソフトウェア企業の事例から-」
担当:阿部康久(プロジェクトメンバー・人文地理学)

聴講も歓迎しています。ふるってご参加ください。


投稿者 : admin 投稿日時: 2013-05-03 12:36:14 (1267 ヒット)

日時:2013年5月31日(金)4限・5限

場所:比文言文棟4階第8セミナー室


報告者:吉岡斉(プロジェクトメンバー・科学技術史)
報告タイトル「原子力発電の産業技術としての難しさ」(仮題)

聴講も歓迎しています。ふるってご参加ください。


投稿者 : admin 投稿日時: 2013-05-03 12:32:11 (1319 ヒット)

2013 年5月10日(金)4限・5限
場所:比文言文棟4階第8セミナー室

●報告タイトル
明治後期の日本語口語教科書にみる知の技法

●報告者:松永 典子(プロジェクトメンバー・日本語教育)

本ゼミでは聴講も歓迎しています。
ふるってご参加ください。


投稿者 : admin 投稿日時: 2013-04-10 13:08:31 (1323 ヒット)

総合演習「知の加工学」(専攻共通科目)オリエンテーション&第1回授業のご案内

以下の要領でオリエンテーション&第1回授業を実施します。受講希望の方は、必ず出席するようお願いします。

日時:4月12日(金)14時50分~18時10分(4限・5限)
場所:比文言文棟4階第8セミナー室

●前期予定と担当者

1.4月12日:施 「近代社会の基礎としての「翻訳」と「土着化」を通じた公共空間の形成――「知の加工学」の目的とは」*オリエンテーション含む 
2.5月10日:松永  「明治後期の日本語口語教科書にみる知の技法」            
3.5月31日:吉岡  「原子力発電の産業技術としての難しさ」
4.6月7日:阿部(康)「日中の企業戦略にみる知の加工-自動車とソフトウェア企業の事例から-」
5.6月14日:松本 「日本近代文学における「身体」の受容と表現(黄禍論編)」  
6.7月5日:松井 「後期ソヴィエト体制下の「人権」運動と「市民社会」―「知の加工学」の観点から」


« 1 (2) 3 4 5 ... 8 »