You Tube 九大比文 公式チャンネル
九州大学大学院比較社会文化学府・研究院の公式チャンネルを開設しました。
トップ  >  自然保全分野(Laboratory of Nature Conservation)
 自然保全分野(Laboratory of Nature Conservation)  
 
日本社会文化専攻の地域資料情報講座は、地球規模の自然保全のために、海外での保護地区調査や日本各地の野生生物の調査活動に多くの研究成果を挙げております。
 
 多彩な大学院教育
 
・ 総合演習:研究計画や論文完成にむけて、複数教員を交えて熱心な質疑応答が行われます。
・ 集中講義:自然保全情報・自然保全政策論・自然保全管理論が、集中講義として行われています。
・ 調査研究方法論:自然保全情報分野のフィールド生態調査の指導(修士学生対象)やアイソトープ分析など化学分析の実習を行い充実を図っています。
 
 研究テーマ
 
〈保全生態学関連〉
「絶滅のおそれのある野生生物のモニタリング」
「世界遺産の自然保全地域策定の調査協力」

〈保全遺伝学(DNA)関連〉
「タイマイ・アフリカゾウなどCITES 関連調査」
「ライチョウ・ナベヅルなど希少生物種の調査」
「ツキノワグマなど希少生物種の調査」
「鯨類の遺伝的多様性の調査」

〈保全栄養学(アイソトープ)関連〉
「マングローブ林の生物多様性調査」
「サンゴ礁の生態特性の調査」
「象牙の原産国判別調査」